チャットとメールと日常会話

LINEを使用している人の多くは、そのチャットシステムを大いに活用しているかと思います。
そしてLINEの大きな特徴であるスタンプ機能は、その手軽さやかわいさなどが受けてコミュニケーションの在り方を変化させたとさえ評されているほどです。
とはいえLINEはやはりコミュニケーションのひとつですから、人と人のやり取りです。

使い方によっては、言葉の行き違いや思いが伝わらないなどで人間関係のトラブルにもなりかねません。
文字や絵(LINEの場合はスタンプ)によってやり取りをするというのは、メールと同じです。
したがって、メールにおけるテクニックをしっかり押さえておけば問題ないということになります。

では、そのメールテクニックとはどういうものかというと、基本的なポイントは以下の通りです。
・相手の意見にしっかり耳を傾ける
・自慢話や自分の話ばかりせず、会話を成立させる
・お互いが楽しめるような話題の提供
・ただ聞いているだけでなく、時には質問などを入れる
これらは特にメールテクニックだけでなく、日常の会話においても同様です。
メール、LINEと手段は違っても、コミュニケーションの基本的な考え方は変わらないというわけです。

LINEの使用にあたって

最近ではスマホを所有する大半の人が利用しているのがLINEです。
会話やメッセージの交換の他さまざまな機能が備わっている非常に便利なアプリですが、何より人気の理由としてそれらが無料で利用できるという点が挙げられます。
しかしこのように多くの人に支持されているからこそ、そのデメリットをもしっかりと認識しておく必要があるのです。
まずそのひとつとして、面識のない人との交流ができないという点があります。

知らない人同士で交流する際にLINEを使用すると利用規約に反することとなり、最悪の場合アカウントが削除されてLINEの使用ができなくなるケースもあります。
この対応の一つとして、知らない人同士の交流の場である「掲示板サイト」などのサービスが存在するのですが、その中には違法行為や犯罪行為にも関わるものも出てきているのが現状です。

さらに、アカウントの乗っ取りや個人情報の管理など、LINEにおけるさまざまなトラブルも多数発生しています。
これらへの対応や対策は順次行われてはいますが、比較的新しいシステムということももありまだまだ問題は山積している状況です。
「便利だから」「無料だから」そして「みんなが使っているから」と安易に利用していると、思わぬトラブルに巻き込まれることもあるのでご注意を。

専門用語を覚えよう

インターネット上にはさまざまな専門用語や独特の言葉などがあります。
特にLINEではそんな用語を知っておくほうが友達を作っていく際に有効なので、ここでその一部を紹介しましょう。
意味が理解できなければ、相手が何を言っているのかさえわからなくなってしまいますからね。
・フレンド
連絡先の一覧に表示されているような状態の登録してある人たちをいいます。
中には、少数派ですがツイッター用語で「フォロー」と呼ぶ人もいます。
・ブロック
フレンドの関係を一方的に切ってしまうことをいいます。
そうなると、画面に名前が表示されなくなってしまいます。
・タイムライン
自分で選択したフレンド全体に近況報告などを見せることができる機能です。
特に話題がないときなどにこれを示すと話題ができて話しがスムーズに運び便利です。
・スタンプ
LINEの特徴的な機能で、携帯電話などの絵文字に相当するものです。
キャラクターの表情や動きで自分の気持ちなどを相手に一目瞭然で伝えることができます。
キャラクターはいろいろなところから購入したり無料で手に入れて利用したりできる上、相手にプレゼントすることも可能な点も人気です。

他にもチャット用語として、チャットを終了することを「落ちる」、さようならという場面で「ノシ」なども使うので併せて覚えておきましょう。

メールとチャットの違い

スマホの所有者に絶大な人気のLINEですが、これは携帯電話のメールといったコミュニケーション手段とは異なります。
というのが、LINEではチャットによるやり取りがメインとなるからです。
したがって、チャットの方法やマナーを知っておかなければコミュニケーションが上手く取れなかったり思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があることを認識しておきましょう。
まず覚えておかなければならないのが、メッセージへの返信はすぐに!という点です。
メールでは送信者もすぐに読まれないかもしれないという考えを持っていますし、受け取ってすぐに返信すると却ってウザいと思われることもありました。
けれどもチャットはすぐに返信することが原則、したがって1分後の返信でさえ「遅い」と言われることもあるのです。
LINEには相手がメッセージを読んだかどうかを確認できる「既読」という機能がついているので、すぐに返信できないならばLINEを開かないほうがいいでしょう。
また、メールでは短い文章は何となく「味気ない」「そっけない」といったイメージを持たれてしまいがちでした。
しかし、チャットは会話のように相手の文面に素早く反応してやり取りを交わすというスタイルですから短い文面が基本、たとえば「今日行く?」「うん」これでOKなのです。
そのために、スタンプ機能が充実しているのです。

サクラに要注意

多くの人が利用しているLINEですが、人気の高いアイテムだからこそ悪質な業者が利用者を騙そうと待ち構えていることも多いといえます。
中には、そのほとんどが悪質業者によって運営されているような掲示板も存在します。
そんな中、最も多くトラブルが報告されているのが「サクラ」による被害です。

サクラは女性メンバーが出会いを求めているかのようにコミュニケーションをとってくるのですが、実体はその掲示板を運営する悪質業者に雇われたアルバイトです。
アルバイトには女性だけでなく男性が行なっているケースも少なくありません。
彼女たち(あるいは彼ら)はもちろん出会うつもりもありませんし、いくらやり取りをしても実ることはないのです。

その手口で多いのが、LINEでやり取りをして仲良くなった頃を見計らって「別のサイトでコミュニケーションしよう」とか「サイトを立ち上げたので訪問してね」などと別のサイトへのアクセスや登録を促してきます。
騙されてそこへ登録したりアクセスすると、有料サイトだったり詐欺サイトだったりするのです。
サクラを見抜くのは簡単ではありませんが、LINEにもそのようなケースが存在することを知っておき常に警戒心を持っておくことで被害の回避も可能となるでしょう。

Copyright© 2010 ライン掲示板でID交換を楽しもう All Rights Reserved.